【重要】記事の内容に関する訂正とお詫び

東京国際空港【プッシュバック】

個別空港解説

この記事には一部筆者の独自研究及び推測が含まれます。
独自研究には「独自研究」と記載しています。

東京国際空港のような混雑空港ではプッシュバックの詳細な指示は日常茶飯事です。

VATSIMでもGSXの大型アップデートでQuickEdit Pushbackが使用できるようになり、プッシュバックを細かく指定されることが多くなりました

東京におけるプッシュバックの一例を交信例・図とともに紹介します。

詳細に指定することでキャパは広がりますが、誤認しやすい指示を出して当ててしまわないように注意しましょう。

プッシュバックの要求

東京に限った話ではありませんが、プッシュバックを要求する際は以下の内容を通報しましょう。

  • コールサイン
  • SPOT番号
  • ATIS情報

デリバリーが開局している場合(グランドへのイニシャルコンタクトの場合)はしっかりグランドの正しいコールサインをつけましょう。

Tokyo Ground, ANA33, SPOT63. Request pushback with F.

プッシュバックする向き/場所

東京に限った話ではありませんが、プッシュバックの向きを指定されなければ出発滑走路の方向に、東西南北で指定されればその方向にプッシュバックを行います。

RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R. Heading South.
滑走路16Rに向けプッシュバックを許可します。機首は南に向けてください。

なお、第二ターミナル51番〜55番において南向きでのプッシュバックを指示された場合は、下図のように誘導路Rに入ります。

管制官は、誘導路Eへの誤進入を防ぐためにも「Heading South on R.」と指示を出すのが確実です。独自研究

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

誘導路E上に南向きでプッシュバックさせる場合は後述する「South on E.」の用語が使用されます。独自研究

上記51〜55番においては、西向きの場合は誘導路Eを走行する航空機への干渉に、東向きの場合は空港の敷地から出ないように注意が必要です。

全空港共通

東京以外の空港でも使用されることが多い指示の例です。独自研究

Expect taxi via…
RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R. Heading North. Expect taxi via M-2.
滑走路16Rに向けプッシュバックを許可します。機首を北に向けてください。誘導路M-2からの地上走行を予期してください。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

地上走行経路の情報を提供することでロングプッシュバックしてもらう指示です。
この指示を受けたら誘導路M-2から出れるようにプッシュバックしましょう。

Clear SPOT
RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R. Clear your SPOT, arrival coming.
滑走路16Rに向けプッシュバックを許可します。あなたのスポットに到着機が来ます。到着機が入れるスペースを用意してください。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

到着機が出発機と同じSPOTにはいる場合に、そのスペースを確保してもらう指示です。
この指示を受けたらウィングスパンを考慮して当たらない位置まで下がりましょう

同様に「Clear SPOT 62.」のように別のSPOTをクリアにするように指示されることもあります。

Clear taxiway
RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R. Heading South, clear W-9.
滑走路16Rに向けプッシュバックを許可します。機首を南に向け、誘導路W-9をあけてください。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

Clear SPOTの誘導路版です。
この例では誘導路W-9を別の航空機が通れるようにプッシュバックしましょう。

「Expect taxi via…」と同じように、誘導路W-9から地上走行予定の場合にも使用されることがあります。

東京特有のプッシュバック

東京特有のプッシュバックの指示の例です。独自研究

Heading North/South on E
RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R. Heading South on E.
滑走路16Rに向けプッシュバックを許可します。誘導路E上で機首を南に向けてください。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

54~58、66~68番からのプッシュバックによく使われています。

管制官は、これを使うだけでターミナル内側の混雑が一気に楽になるので、状況に応じて積極的に使っていきましょう。

誘導路C上にはプッシュバックさせません。

on M-2
RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R on M-2.
滑走路16Rに向け誘導路M-2上までプッシュバックを許可します。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

数機同時にプッシュバックする際に使われます。

onto R-1
RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY16R onto R-1.
滑走路16Rに向け誘導路R-1上までプッシュバックを許可します。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

24番から西に向けるようプッシュバック用の線が用意されていますが、基本的には誘導路R-1上までのプッシュバックを行います。

誘導路R-1上へのプッシュバックには「on」ではなく「onto」が用いられることがほとんどです。

プッシュバックレーン

SPOT33番から44番の後方にはプッシュバックレーン(Pushback-lane)が存在します。

以下のように、プッシュバックする場所を指定されなかった場合は誘導路W上ではなく、プッシュバックレーン上までプッシュバックします独自研究

RJTT_GND
RJTT_GND

JAL213, Tokyo Ground. Pushback approved RWY05.

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.20 SPOT OUT procedure 2020.05.21

誘導路W上にプッシュバックする場合は以下のように指示されます。独自研究

RJTT_GND
RJTT_GND

JAL213, Tokyo Ground. Pushback approved RWY05. Heading South on W.

プッシュバックレーンから誘導路Wへ自走する場合、使用SPOT導入線とプッシュバックレーンの交点付近から、隣接SPOT導入線と誘導路Wの誘導路中心線の交点で会合するように走行します。公示あり

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.20 SPOT OUT procedure 2020.05.21

なお、管制官からプッシュバックレーンの走行を指示された場合は、プッシュバックレーンを走行し、地上走行補助線(図の「Auxiliary taxiing line」)に沿って誘導路に入ります。公示あり

RJTT_GND
RJTT_GND

JAL213, taxi via pushback-lane to W TWY.

RJTT_GND
RJTT_GND

JAL213, taxi via pushback-lane to J TWY.

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.20 SPOT OUT procedure 2020.05.21

プッシュバックレーンからJ-TWYに曲がる黄色の誘導路線はありませんのでご注意ください。


同様にSPOT1番から5R番、69番から73番の後方にもプッシュバックレーンが存在しますが、チャートには公示されていません

こちらも同様になにも指示されなければプッシュバックレーン上にプッシュバックし、誘導路上にプッシュバックすることは滅多にありません。独自研究

このプッシュバックレーンに関するプロシージャはAIPには公示されていませんが、航空会社・空港事務所・ハンドリング会社等の間でなんらかの取り決めがあると考えられます。
Flightradar24でざっくりと調査しましたが、新型肺炎に伴い本数が削減され、第二ターミナルの国際線部分も運用中止となり、完全な調査はできていません

以下独自研究です。参考程度にご覧ください。

1番~3番 東向き

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

基本的に西方面に地上走行する場合は誘導路H-1から誘導路Gに入り、Uターンして誘導路Hに入ることはないようです。

3番~4番 西向き

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

68番~71番 東向き

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

稀に東向きから誘導路Rに入る場合があるようです。その場合は以下のように指示されると推測されます。

RJTT_GND
RJTT_GND

Pushback approved RWY05. Heading East. Expect taxi via R.
滑走路05に向けプッシュバックを許可します。機首を東に向けてください。誘導路Rからの地上走行を予期してください。

こちらも基本的にはUターンして誘導路Hには入らないようです

70番~73番 西向き

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Aircraft Parking/Docking Chart 2020.05.26

70番から滑走路05に向かう場合、東向きで誘導路Eに入るか、西向きで誘導路Rに入るかは五分五分で、運用の特定はできませんでした。

1番~5R番、69番~73番後方のプッシュバックレーンに関して詳細な情報を募集しています。
お問い合わせより情報の提供をお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました