【重要】記事の内容に関する訂正とお詫び

Q&A Box

Squawk.IDではみなさまの質問をお待ちしております。
VATSIMに関すること、管制に関することなどなど、なんでも構いません。

Tower

離着陸許可

出発機が離陸する前の着陸許可 (2021/03/23)

Question
Question

出発機が滑走路から抜けていないのにも関わらず「Departure start rolling, RWY– cleared to land. Wind — at–.」 といったような指示を耳にします。
出発機が離陸滑走中である旨を伝えれば着陸許可を発出してもよいのでしょうか? 

yuniyuni33
yuniyuni33

その時点で管制間隔を設定できていない場合でも、先行出発機が離陸滑走を開始し、後続到着機が滑走路端を通過するまでに定められた管制間隔を設定できると判断した場合は、先行出発機の情報とともに着陸許可を発出することができます

詳しくは記事で解説する予定です。気長にお待ちください。

管制官の方はこの回答をみて即使ってみるのではなく、VATJPN管制方式基準 (Ⅲ)2(9)a. を熟読し、理解した上で実践してください。

VFR

ヘリコプター

ヘリコプターの着陸場所 (2021/03/11)

Question
Question

ヘリコプターが空港に到着してきた際、滑走路に着陸させるかヘリパッドに着陸させるかは管制官の裁量で決められるものなのでしょうか?

pengin239
pengin239

これについては手に入れられる範囲内で明記されたものが見つからなかったため、断定することはできませんが、 パイロットリクエストに従うのが一般的だと思われます。
伊丹、八尾、丘珠では基本的にパイロットがイニシャルコンタクトでどこに着陸したいのかを通報しています。

また、空港によってはAIPや内部規定によってヘリコプターの離着陸地点やヘリパッド使用に係る管制方式が定められているところもあります。

ヘリコプター飛行時の場周経路の使用 (2021/03/11)

Question
Question

ヘリパッドに着陸する機が存在する場合、他機に場周経路に関する指示(Join DW RWYxx)などはできないのでしょうか?

pengin239
pengin239

ヘリコプターがどのような飛行経路を飛ぶかによるかと思いますが、安全ではないと判断される場合には、他の固定翼機に対して場周経路の指示をするべきではないでしょう。
この部分の判断は、航空機がヘリコプターになっただけで、通常の固定翼のVFR管制の考え方で何ら変わりありません

ただし、ヘリコプターは多くの固定翼機に比べて速度が遅いですが、飛行に関する自由度が高いため、場周経路を飛行する固定翼機を先に入れ、そのあとに目視間隔を適用してヘリコプターを入れるという方法もあると思います。

ヘリパッドへの経路の指定 (2021/03/11)

Question
Question

ヘリパッド上空までの直行や指示した地点を経由しての進入はどのような用語で指示を出せば良いのでしょうか。

pengin239
pengin239

通常のVFR固定翼に対する指示と同じで構わないのではないでしょうか。

特に定まった用語はありませんので「Proceed to [point] via [point]. 」や「ヘリパットへの直行、支障ありません。」など、パイロットに通じる言葉を用いれば良いかと思います。

また、「リポートを要求する=暗黙的にリポートを要求した地点を通過することを指示・許可する」ことですから、「Report 1 mile south.」などリポートを要求することによって経路を指定することも可能です。

その他

SIDの上昇経路 (2021/04/11) New

Question
Question

「SIDの上昇区域」とは具体的にどの区域のことを指しているのでしょうか?
一律に対象となる区域が定められているのか、それともSID毎に設定・公示されているものなのでしょうか。

pengin239
pengin239

上昇空域は直線離陸上昇区域と旋回離陸上昇区域があり、各SID毎に飛行方式設定基準に準拠して設定されています。
この基準はかなり複雑ですので大雑把に言うと、VORを利用するSIDの直線区間においてはSIDの飛行経路の左右5NM、旋回部分では旋回が終了する経路上の地点を中心として、半径約3NMの円が目安になるかと思います。
詳しく知りたい場合は、飛行方式設定基準をご購入いただき、ご確認いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました