【お詫び】内容の正確性について

東京国際空港【Procedural Speed】

東京国際空港

この記事には一部筆者の独自研究及び推測が含まれます。

東京国際空港のIAPには「Procedural Speed」という速度制限が公示されているものがあります。

Procedural Speedとはなにか、どのように運用するのかについて解説します。

Procedural Speedとは

狭い間隔での進入が日常的に行われている東京では、スムーズな交通の流れを維持するため、IAPごとに速度制限が公示されています。
その速度制限を「Procedural Speed」といいます。

速度制限が公示されているのは日中用のIAPのみで、ILS Y・LDA Y・RNAV RWY23といった深夜用のIAPには公示されていません。

誤解されがちですが、Procedural Speedはキャンセルされない限り必ず守る必要があります

公示されている速度

IAP Point Procedural Speed
ILS Z RWY34L
LOC Z RWY34L
IHA 10.0DME 180 kt (IAS)
IHA 5.0DME 160 kt (IAS)
ILS X RWY34L KAIHO 180 kt (IAS)
ALLIE 160 kt (IAS)
ILS Z RWY34R
LOC Z RWY34R
ITC 10.0DME 180 kt (IAS)
ITC 5.0DME 160 kt (IAS)
ILS RWY22
LOC RWY22
IAD 10.0DME 180 kt (IAS)
IAD 5.0DME 160 kt (IAS)
LDA Z RWY22
LDA X RWY22
LDA W RWY22
IKL 8.0DME 180 kt (IAS)
IKL 3.0DME 160 kt (IAS)
ILS Z RWY23
LOC Z RWY23
ITD 10.0DME 180 kt (IAS)
ITD 5.0DME 160 kt (IAS)
LDA Z RWY23
LDA X RWY23
LDA W RWY23
ITL 12.0DME 180 kt (IAS)
ITL 7.0DME 160 kt (IAS)
ILS RWY16R ITA 10.0DME 180 kt (IAS)
ITA 5.0DME 160 kt (IAS)
RNAV RWY16R 10.2NM from THR 170 kt (IAS)
ILS RWY16L IOC 10.0DME 180 kt (IAS)
IOC 5.0DME 160 kt (IAS)
RNAV RWY16L 9.2NM from THR 170 kt (IAS)

ILSは10DME (or KAIHO) で180KT、5DME (or ALLIE) で160KT
RNAVはFAFで170KT
LDAは180KTと160KT。通過する地点は22と23で異なる

とざっくりと覚えておくと便利かもしれません。

また、上表は更新される可能性があるため、常に最新とは限りません。
AIS JAPAN AD 2 RJTT 2.20 1.1(1)(a)をご確認ください。

この制限は公示されている速度以上でも以下でもなく、その速度ちょうどで通過しなければなりません。

いちいちこのページを見にきたり、表を見ずともチャートに記載されています。
進入開始前に必ずチャートを確認しましょう。

原図: 国土交通省航空局 eAIP Japan / RJTT AD2.24 Instrument Approach Chart (LDA W RWY22) 及び Instrument Approach Chart (ILS X RWY34L) 2021.04.17

管制官から無効にする指示(後述)を受けた場合や、ATIS等で無効の旨が通知されている場合を除き、厳守する必要があります。

用語

進入許可発出後に管制官による速度調整が開始または継続される場合で、速度調整の終了後にProcedural Speedに従う必要があるときは、以下の用語が使用されます。
進入許可後に速度調整が行われていない場合はこの用語は使用されません

ATC
ATC

COMPLY WITH PROCEDURAL SPEED.
Procedural Speedに従ってください。

管制官による速度調整がなんだって…?という方は例文を下に載せてますのでそちらをご覧ください。


Procedural Speedに従う必要がないときは、以下の用語が使用されます。

ATC
ATC

PROCEDURAL SPEED ([number]KNOTS) IS NOT REQUIRED.
([number]ノットの) Procedural Speedは無効です。

ATC
ATC

MAINTAIN PROCEDURAL SPEED OR GREATER.
Procedural Speed以上を維持してください。


パイロットは、運用上または性能上従うことができないときは、管制官に通報する必要があります。

Pilot
Pilot

UNABLE TO COMPLY WITH PROCEDURAL SPEED ([number]KNOTS).
([number]ノットの) Procedural Speedに従うことができません。

交信例

交信例①(なにも言及がない場合)

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY710, descend to reach 4000 by CREAM. Cleared for ILS Z RWY34R approach.

SKY710
SKY710

4000 by CREAM. Cleared for ILS Z RWY34R approach. SKY710.

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY710, contact Tokyo Tower 118.1.

SKY710
SKY710

Tower 1181. SKY710.


この場合、Procedural Speedは有効です。
チャートに公示されてるとおり、ITC 10DMEを180KT、ITC 5DMEを160KTで通過する必要があります。

交信例②(Comply With Procedural Speedが使用される場合)

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, maintain 5000 until ARLON. Cleared for ILS Z RWY34L approach. Maintain 200KT.

SKY110
SKY110

SKY110, maintain 5000 till ARLON. Cleared for ILS Z RWY34L approach. Speed 200KT.

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, reduce speed to 180KT, comply with procedural speed. Contact Tokyo Tower 118.1.

SKY110
SKY110

SKY110, reduce 180KT, comply with procedural speed. Tower 1181.


進入許可と同時に「Maintain 200KT」といった速度調整を行い、のちに速度調整を終了した際にProcedural Speedに従わせる必要がある場合にのみこの用語が使用されます。
この場合はもちろんProcedural Speedは有効です。

「Comply with procedural speed」の前には「Resume normal speed」や「Maintain 200KT or less」など、180KTまで減速できる指示がつきます。

「Maintain 230KT, comply with procedural speed」など、180KTの制限を守ることができない矛盾した指示が発出された場合は管制官に確認しましょう。

交信例③(Procedural Speedに従う必要がない場合)

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA250, maintain 6000 until UMUKI, then descend and maintain 4000. Cleared for ILS X RWY34L approach.

ANA250
ANA250

Maintain 6000 until UMUKI, then descend 4000. Cleared for ILS X RWY34L approach. ANA250.

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA250, procedural speed is not required. Keep high speed.

ANA250
ANA250

Procedural speed is not required. Keep high speed. ANA250.

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA250, contact Tower 118.1.

ANA250
ANA250

118.1. ANA250.


この場合のように管制官から「Procedural speed is not required.」といわれた場合や、イベントNOTAMで無効になっている場合、ATISでその旨報じられている場合はProcedural Speedに従う必要はありません

RJTT_ATIS
RJTT_ATIS

ATIS RJTT X
S110400Z
(APCH)LDA W RWY22/LDA W RWY23
LDG RWY 22/23
DEP RWY 16L/16R
DEP FREQ 126.0,
SIMUL LDA APCHS TO RWY22/RWY23 ARE INPR,
PROCEDURAL SPEED NOT REQUIRED, DUE TO TAILWIND,

交信例④(Procedural Speed以上の速度を維持する場合)

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA62, descend to reach 4000 by CREAM. Cleared for ILS Z RWY34R approach. Maintain 250KT.

ANA62
ANA62

Descend 4000 by CREAM. Cleared for ILS Z RWY34R approach. Maintain 250KT. ANA62.

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA62, Maintain 240 or greater until CREAM then maintain procedural speed or greater.

ANA62
ANA62

Maintain 250 or greater until CREAM. Maintain procedural speed or greater. ANA62.


この場合、Procedural Speed以上を維持する必要があります
この交信例のようにILS Z RWY34Rの場合は、ITC 10DMEを180KT以上で、ITC 5DMEを160KT以上で通過します。

交信例⑤(二箇所のProcedural Speedに従えない場合)

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, maintain 5000 until ARLON. Cleared for ILS Z RWY34L approach. Maintain 240KT.

SKY110
SKY110

SKY110, maintain 5000 till ARLON. Cleared for ILS Z RWY34L approach. Speed 240KT.

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, reduce speed to 180KT, comply with procedural speed.

SKY110
SKY110

SKY110, reduce 180KT and unable to comply with procedural speed, due to tailwind.

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, roger. Resume normal speed. Procedural speed is not required. Contact Tower 118.1.

SKY110
SKY110

SKY110, normal speed, procedural speed is cancelled. 118.1.


Procedural Speedに従えない場合は管制官にその旨通報します。
「Unable to comply with procedural speed」は180KT・160KTの両方に従えない場合に通報します。(RNAV 16L/Rを除く)
なお、Procedural Speedが1つの場合(RNAV 16L/R)はこれを通報しても問題ありません。

「Unable」を通報するのであれば併せて理由も通報すると親切です。

交信例⑥(片方のProcedural Speedにのみ従えない場合)

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, maintain 5000 until ARLON. Cleared for ILS Z RWY34L approach. Maintain 240KT.

SKY110
SKY110

SKY110, maintain 5000 till ARLON. Cleared for ILS Z RWY34L approach. Speed 240KT.

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, reduce speed to 180KT, comply with procedural speed.

SKY110
SKY110

SKY110, reduce 180KT and unable to comply with procedural speed 180KT.

RJTT_APP
RJTT_APP

SKY110, roger. Resume normal speed. Procedural speed 180KT is not required. Contact Tower 118.1.

SKY110
SKY110

SKY110, normal speed, procedural speed 180KT cancelled. 118.1.


180KTのProcedural Speedにのみ従えない場合や、160KTにのみ従えない場合は「Unable to comply with procedural speed 180KT (160KT)」と通報します。

例文のように「Procedural speed 180KT is not required.」と指示を受けた場合、160KTのProcedural Speedは有効です。

TWRに周波数移管後の場合はTWRに要求してください。

タワーによる速度調整

東京では頻繁にタワー周波数での速度調整が行われています。
RWY34Lを航空機が横断するための間隔を用意するためや、適切な間隔を維持するため、出発機を入れるため、そして航空機からの要求に基づく場合など理由は様々です。

SKY110
SKY110

Tokyo Tower, SKY110. SPOT 20.

RJTT_TWR
RJTT_TWR

SKY110, Tokyo Tower. RWY34L, Wind 120 at 10, continue approach.

SKY110.
SKY110.

SKY110, RWY34L continue approach.

RJTT_TWR
RJTT_TWR

SKY110, traffic will cross RWY before you. Commence reduce speed to 160KT.

SKY110
SKY110

SKY110, roger. Commence reduce 160KT.


「Commence reduce speed to 160KT」は正しい用語ではありませんが、比較的よく使われるものです。
「180KTのProcedural Speedを無視して、160KTに向けて減速を開始してください」という意味合いです。
160KTのProcedural Speedを通過後は最終進入速度まで減速することができます。

Recommended Speed

似たようなものにRecommended Speedというものがあります。
HIGHWAY VISUAL RWY34Rにのみ存在します。
ILS Z RWY34Rと同じくITC 10DMEを180KT、ITC 5DMEを160KTで通過する必要があります。

「Recommend」といいつつも守れない場合は管制官に通報する必要があるため、取り扱いはほぼProcedural Speedと変わりありません
無効にする旨の指示がなかった場合は有効です。


RJTT_APP
RJTT_APP

ANA554, descend at pilot’s discretion maintain 4000. Report highway in sight.

ANA554
ANA554

Pilot’s discretion 4000. Already highway in sight. ANA554.

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA554, preceding Boeing 787 10NM ahead. Cleared HIGHWAY VISUAL RWY34R approach. Report traffic in sight.

ANA554
ANA554

Traffic in sight. Cleared HIGHWAY VISUAL RWY34R approach. ANA554.

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA554, maintain visual separation from the traffic.

ANA554
ANA554

Maintain visual separation from the traffic. ANA554.

ここまではRecommended Speedを守り、10DMEを180KT、5DMEを160KTで通過する必要があります。

ANA554
ANA554

ANA554, unable to follow recommended speed 180KT due to separation.

RJTT_APP
RJTT_APP

ANA554, roger. Recommended speed 180KT is not required.

ANA554
ANA554

Recommended speed 180KT is not required. ANA554.

この場合は180KTのRecommended Speedのみ無効です。

Recommended Speedは用語に関して公示がないため、管制官によって使う用語がまちまちです。
上の交信例はあくまでも一例です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました