【重要】記事の内容に関する訂正とお詫び

新千歳空港【出発編】

個別空港解説

この記事は「管制ノート」で公開されていた記事を元に作成しています。

北海道の玄関口、新千歳空港。
ラグビーワールドカップに向けて国際線ターミナルは増築、新誘導路も供用開始されましたが、ほぼ使われることなく現在国際線は1便も飛んでおりません(小声)
羽田や成田ほどローカルルールが多いわけではありませんが、千歳飛行場(基地)が併設されており、共用空港以外で唯一自衛隊が管制を行っているのが主な特徴です。

このページでは出発の流れを解説します。

基本情報

滑走路

A滑走路(RWY01L/19R)
主に離陸用として使用される。
有効長:3000m

B滑走路(RWY01R/19L)
主に着陸用として使用される。
有効長:3000m

運用時間

24時間

周波数

Chitose Delivery121.900MHz
Chitose Ground121.600MHz
121.950MHz
Chitose Tower118.800MHz
Chitose Approach120.100MHz
Chitose Departure124.700MHz
Chitose Radar119.100MHz
119.500MHz

市販シーナリーとの差異・注意点

現在Prepar3D、FSX向けに販売されているシーナリーはテクノブレイン社の「FSアドオンコレクション 新千歳空港」のみです。発売後、国際線ターミナルが拡張されたこと、それに伴いSPOT69~71が新設されました。また、誘導路「G」「K6」「L7」が追加され、誘導路「L5」が「L6」に名称が変更されました。

他の大きな空港と比べ、B747-8/A380-800の移動可能範囲がかなり限られています。離着陸にはA滑走路しか使用できず、誘導路やSPOTにも制限がありますので、これらの航空機で飛ばれる方はAIP「RJCC AD-2-20」を参照してください。

標準交信例・解説

クリアランス

交信例
ADO12
ADO12

Chitose Delivery, ADO12. SPOT 7.

RJCC_DEL
RJCC_DEL

ADO12, Chitose Delivery. Go ahead.

ADO12
ADO12

To Tokyo, FL360. ADO12.

RJCC_DEL
RJCC_DEL

ADO12, Cleared to Tokyo International Airport via JUGGLAR1 departure flight planned route. Maintain FL200, expect FL360. Squawk 0455, go ahead.

ADO12
ADO12

Cleared to Tokyo International Airport via JUGGLAR1 departure flight planned route. Maintain FL200, expect FL360. Squawk 0455. ADO12.

RJCC_DEL
RJCC_DEL

ADO12, readback is correct. Contact Ground 121.6.

ADO12
ADO12

Ground 1216. ADO12.

SIDの使い分け
経由地点 使用滑走路 SID名
TOBBY RWY01 TOBBY8
RWY19 JUGGLAR1
DALBI RWY01 SAVIT1(SHUYU Transition)
RWY19 DALBI1
KURIS RWY01/19 KURIS7
RAKNO RWY01/19 TOKACHI2
BOKSO RWY01/19

VATSIMにおいて、この表のとおり運用されるとは限りません。各SIDはどちらの滑走路でも適用可能ですので、ATCの指示に従ってください。また、RWY01時のSIDはアドオンによって左旋回してしまうものもあるので、注意が必要です。

プッシュバック

交信例
ADO12
ADO12

Chitose Ground, ADO12. SPOT 7. Request pushback with G.

RJCC_GND
RJCC_GND

ADO12, Chitose Ground. Pushback approved face south.

ADO12
ADO12

Pushback face south. ADO12.

プッシュバック許可

千歳の言い回しとして、使用する滑走路を言わず、向ける機首のみを指示します。

RJCC_GND
RJCC_GND

JJP152, Chitose Ground. Pushback approved face north.

JJP152
JJP152

Face north. JJP152.

Long Pushback

プッシュバック後すぐ同じSPOTに航空機が入る場合、もしくは付近の誘導路を使用する場合に指示されます。

RJCC_GND
RJCC_GND

JAL2503,Chitose Ground. Pushback approved face north. Make long pushback for gate in traffic coming to your spot.

Power off pushback

冬季間、エプロン・誘導路に積雪または凍結箇所がある場合、プッシュバック完了後に両エンジンを始動する「Power off pushback」というものがあります。

実際にはプッシュバック前にパイロットと地上作業者で調整をした後実施されます。

ANA52
ANA52

Chitose Ground, ANA52. SPOT 10. Request power off pushback with Q.

RJCC_GND
RJCC_GND

ANA52, Chitose Ground. Power off pushback approved face South.

Power off pushbackは通常のプッシュバックに比べやや時間を要するため、パイロットはリクエストすることが好ましいです。また、管制官は時間・周辺航空機の状況を考慮する必要があります。

国内線南側

国内線ターミナルの最南端であるSPOT19番では、主にFace northでプッシュバックが許可されますが、誘導路中心線に航空機を正対させようとすると、GSE通路を塞いでしまうことになります。斜めにプッシュバックするのが理想ですが、後方のSPOT20番が空いていればであればほぼ真っすぐのプッシュバックでも構わないです。
稀に、SPOT19番でも到着機がある場合Face southでプッシュバックの許可が出ます。その場合、到着機が入れるだけの間隔を空けるのではなく、T2から自走できる位置まで下がる必要があります。

周波数の使い分け

赤い線を境界に、国内線側が121.600MHz、国際線側が121.950MHzを使用しています。
また、トーイングの際は場所に関係なく121.600Mhzが使用されます。

試験運用中に使用していた121.700Mhzは、従来通り主に千歳基地のVHF周波数として使用されているものと思われます。

原図:国土交通省eAIP AD-2.24.1-RJCC
参考資料

North

原図:国土交通省eAIP AD-2.24.1-RJCC

South

原図:国土交通省eAIP AD-2.24.1-RJCC
待機させる場合

到着機が走行している場合はGate in traffic、出発機が走行している場合はTaxi out trafficを理由として付加することがあります。

RJCC_GND
RJCC_GND

ANA771, Chitose Ground. Stand-by pushback due to Gate in traffic.

RJCC_GND
RJCC_GND

ANA771, Chitose Ground. Stand-by pushback due to Taxi out traffic

地上走行

交信例
ADO12
ADO12

Chitose Ground, ADO12. Request taxi.

RJCC_GND
RJCC_GND

ADO12, RWY19R. Taxi via J, hold short of H3.

ADO12
ADO12

RWY19R. Taxi via J, hold short of H3. ADO12

ADO12, taxi to holding point A1 via H3. Contact Tower 118.8.

ADO12
ADO12

Taxi to holding point A1 via H3. Contact Tower 118.8. ADO12.

走行指示

新千歳空港には3本のメインとなる誘導路(D,J,K)では区間ごとにD1,D2~D11等と数字も付加されていますが、D/J/K Taxiwayに関しては省略されます。

RJCC_GND
RJCC_GND

APJ564, RWY19R. Taxi to holding point A2 via J H2 and D.

RJCC_GND
RJCC_GND

SKY706, RWY01L. Taxi via T2 J hold short of H5.

RJCC_GND
RJCC_GND

ADO100, taxi via J hold abeam spot 9.

RJCC_GND
RJCC_GND

KAL795, continue taxi via D and K to spot 64.

国際線ターミナルからの走行

GND-GND間のハンドオフはそれぞれ誘導路手前で行われます。

RJCC_GND
RJCC_GND

CPA581, RWY19R. Taxi via K hold short of J. Contact Ground 121.6.

RJCC_GND
RJCC_GND

TGW892, Taxi via H4 D hold short of K. Contact Ground 121.7.

離陸

交信例
ADO12
ADO12

Chitose Tower, ADO12. Approaching A1. Not ready.

RJCC_TWR
RJCC_TWR

ADO12, Chitose Tower. Hold short of RWY19R. Report when ready.

ADO12
ADO12

Hold short of RWY19R. Report ready. ADO12.

ADO12
ADO12

Chitose Tower, ADO12. Ready.

RJCC_TWR
RJCC_TWR

ADO12, traffic B777 2nm on final RWY19L. Wind 160 at 8, RWY19R, cleared for takeoff.

ADO12
ADO12

RWY19R, cleared for takeoff. ADO12.

インナーホールドライン

SSP体制時、通常のホールドラインではなく、1本内側のホールドラインで待機するよう指示される場合があります。

RJCC_TWR
RJCC_TWR

ADO12, Chitose Tower. Hold short of inner hold line.

滑走路変更

滑走路変更の際、時間を付加します。

RJCC_TWR
RJCC_TWR

All stations, Chitose Tower. RWY change. Using RWY01. Time at 18.

初期上昇

交信例
RJCC_TWR
RJCC_TWR

ADO12, contact departure 124.7.

ADO12
ADO12

Contact departure. ADO12.

ADO12
ADO12

Chitose Departure, ADO12. leaving 2,100 climbing FL200.

RJCC_DEP
RJCC_DEP

ADO12, Chitose Departure. Radar contact.

ADO12
ADO12

ADO12.

RJCC_DEP
RJCC_DEP

ADO12, contact Sapporo Control 124.5.

ADO12
ADO12

Contact Sapporo 124.5. ADO12.

直行の可能性があるFIX

TOBBYを経由する場合はTOBBY、DALBIを経由する場合はZALARへの直行が指示される場合があります。

RJCC_DEP
RJCC_DEP

WAJ004, recleared direct ZALAR. Climb and maintain FL200.

コメント

タイトルとURLをコピーしました