【重要】記事の内容に関する訂正とお詫び

OJT/訓練

For All members

フライトプランの終点以降の飛行方法について指示がない場合の飛行

僕が唐突にバイト先で思いついたアンケートでしたが、投票してくださった皆さんありがとうございました。 本来はVATSIMでありそうなトラブルの記事のコンテンツとして公開する予定でしたが、予想以上に票が集まったため、これ単体...
Student1/Student2

到着機同士の優先順位

空は広いとは言われますが、航空機が好き勝手に飛んでいてはいずれ衝突してしまします。しかも一つの飛行場を目指して複数の航空機が飛行していれば、飛行場周辺において衝突する可能性が上昇してしまうことは容易に想像できるかと思います。 で...
Student1/Student2

S2OJTでよくありそうな質問

この記事は「Reverse Green」で公開されていた記事を元に、筆者の偏見と筆者独自の考えを加えて作成しています。 目次 OJT全般 VRCについて 気象 ATIS IFR機 VFR機 OJT全般 ソロトレー...
Student1/Student2

OJTを始める前に

筆記試験に合格すれば、いよいよソロトレーニング開始です。ですがこのソロトレーニングはたった30日しかありません。(延長講習を受けても最大で90日まで)VATSIM管制の勉強はOJTでしか出来ないと思われている方が多いですが、期間前にできる...
IFR中級編

OJT中の空域でフライトする際によくある事例

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 Student2/TWR OJT クリアランスの発出に時間がかかる S2訓練生(S1レーティング保持者)は、初めて上空を高速で移動する航空機に対して...
IFR初級編

初心者が避けるべきフライト

必ずしも避けなければならないという訳ではありませんが、一般的にVATSIMを初めて間もない初心者が避けたほうが無難なものを紹介します。ここで紹介するものは、少なくともIFR初級編レベルの知識では到底対応することができない指示を受けることが...
For All members

管制官のコールサインとそれぞれの役割

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 コールサイン(呼出符号)とは、無線を使用する際の名前のようなものです。基本的には、無線局1つ(=管制官1人、飛行機1機)につき1つのコールサインが割り当てら...
For All members

VATSIMにおける管制処理容量

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 管制処理容量とは、「管制機関が管制業務を提供することのできる能力又はこれに相当する航空交通量」(航空保安業務処理規定より引用)を言います。簡単に言えば、管制官...
タイトルとURLをコピーしました