【重要】記事の内容に関する訂正とお詫び

レディオ・リモート空港【基本的な知識・出発入門編】

IFR中級編

用語や運用が異なるレディオ・リモート空港。
入門編では、IFRでのフライトを行うにあたってこれらの空港で要求される基本的な知識と交信の流れを解説します。

例のごとく筆者が書きたいことが多すぎて文字数がヤバイことになったので2つに分けて、本記事では基本的な知識と出発の流れを取り上げています。
到着編については、こちら(記事作成中…)をご覧ください。

レディオ・リモート空港は、各空港・情報官によって言い回しが異なることが多く、本記事で解説されているものがすべてとは限りません。

レディオ・リモート空港とは

メジャーな空港には通常タワー管制官がいて、管轄する航空機に対して様々指示を出します。一般的に知られている航空管制の用語は、この管制官が出すいわば命令に使われるものです。
一方、離島や交通量の少ない空港には、管制官が居ない空港がたくさんあります。レディオ(RDO)空港やリモート(RAG)空港と呼ばれるものですが、ここでの無線通信は航空管制運航情報官と呼ばれる人達が担当しています。この人達はあくまで「管制官からの指示を伝達」し、また「情報提供」を行うのが仕事で、航空機に対して指示を行う権限を持っていません

そのため、航空管制の用語も運用も、一般的に知られているものとは大きく異なっているのです。
また、航空機に対して指示を行う権限を持っていないため、管制官と違い航空機に対して細かな指示を出すことはできません。
細かな指示が必要な場合には、情報官は指示の代わりに情報を提供します。これらの提供される情報から空気を読んで行動することが重要です。(例えば、平行誘導路がない空港で、到着機が進入している旨の情報があったにもかかわらず、プッシュバックを行うなどは避けるべきです。(到着機と入れ替わりでラインナップを行うことができる場合はこの限りではありません。))

また、メジャーな空港には、アプローチやディパーチャーなどのレーダー業務を担当する管制官がいます。何機もの飛行機が同時に次々と発着出来るのは、管制官がレーダー画面を監視し、安全を確保しているおかげです。
逆に言うと、レーダー管制が行われていないノンレーダー空港では、管制間隔の確保はすべて「時間」で行われ、原則として同じ空港で進入・出発を行うことができるIFR機は1機のみです。
加えてレーダーが使えないということは、レーダーベクターやビジュアルアプローチは実施できません。普通の空港では、FMSやA/Pが不調になっても管制官がレーダーベクターしてくれますが、ノンレーダー空港ではそうはいきません。
いつものフライト以上に、きちんとFMSやA/Pを使いこなすことが必要です。

一般的な空港はそれぞれの組み合わせにより

  • タワー空港、かつレーダーあり(東京、大阪、鹿児島等の通常の空港)
  • タワー空港、かつノンレーダー(富山、帯広等)
  • レディオ空港、かつレーダーあり(山口宇部等)
  • レディオ空港、かつノンレーダー(稚内等)
  • リモート空港、かつレーダーあり(久米島、夜間の北九州等)
  • リモート空港、かつノンレーダー(福江等)

という風に分けることが出来ます。

なお、レディオ・リモート空港やノンレーダー空港の運用を知ることが出来る機会は(通常の航空管制以上に)なかなか無く、VATSIM管制官は管制基準などから推理したりしながら管制を行っています。
必ずしも正しく運用出来ているとは限りませんので、その旨、特にご注意ください。

レディオ・リモート空港、かつレーダーありの空港でも、様々な制約から原則として同時に進入・出発を行うことができるIFR機は1機に限られます。

レディオ空港

レディオ空港には管制塔の代わりになる建物があり、その中から情報官が空港の様子を確認しています。その点ではタワー空港と同じとも言えます。
タワー空港の中でも交通量の多い空港ではタワーブライトディスプレイと呼ばれるものが設置されており、タワー管制官も簡易レーダーのようなものを見ることが出来るのですが、これはレディオ空港にはありません。(福島空港などの一部の空港ではAPDUと呼ばれる装置が導入されており、この限りではありません。)
したがって、上空の交通状況は、パイロットからのリポートだけが頼りになります。
また、管制官がいる空港と違い、原則としてパイロットは自分の判断で行動します
自分の判断で行動するということは、パイロットは自分の行動をきちんと周波数上で意思表示しなければなりません。

基本的な用語・言い回し(出発・到着編で共通、一部リモート空港とも共通)

ATC clears (コールサイン) ~

これは、管制官からの管制承認を、情報官など管制機関以外の機関が伝達するときに使用される用語で、伝えられる管制承認の前に前置されます。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ATC clears ANA4842, released for departure.

Radio advises ~

レディオ空港において、情報官が航行の安全上必要な場合にアドバイスを行う際には、この用語がアドバイスの内容の前に前置されます。
これはあくまでアドバイスであるため、従うか従わないかはパイロットの責任で決定しますが、基本的には従います。なお、この用語にはアドバイスする理由がつけられます。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, radio advises hold short of runway for B767 on final.
ANA4842、レディオ・アドバイス、B767が最終進入中のため滑走路手前で待機してください。

Traffic not reported in the vicinity of [this/XX Airport]

「No traffic reported」など様々な言い方がありますが、どの言い回しも空港周辺に他の航空機がいないことを伝えるものです。

(Caution crosswind) Wind [direction] degrees at [velocity], witch runway do you use?

基本的にレディオ・リモート空港では、どの滑走路を使うかはパイロットが選択し、通報します。横風が強い場合やプッシュバックなどのリクエストの際に使用滑走路の通報がない場合などに、情報官がこのような言い回しを用いてどちらの滑走路を使うのか聞いてきます。

Push back to RWY[number] / You can push back RWY[number]

情報官は管制指示を発出する権限がないため、プッシュバックの際にはこのような言い回しが用いられます。

Taxi to RWY[number] / Taxi down RWY[number]

どちらも滑走路へ地上走行を行う際に使われる言い回しですが、前者は平行誘導路がある空港、後者は平行誘導路がない空港で使われることが多いようです。

Commence push back / Commence taxi RWY[number]

情報官が用いることもありますが、基本的にパイロットがプッシュバックまたは地上走行の開始を通報する際に使用します。

Runway is clear

滑走路上にトラフィック及び障害物がない場合に通報されます。
ただし、「Cleared for takeoff」や「Cleared to land」とは異なり、あくまでも「情報」です。最終的な判断はパイロットに委ねられます。

交信例

ANA4842
ANA4842

Wakkanai Radio, ANA4842.
稚内レディオ、ANA4842です。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, Wakkanai Radio, go ahead.
ANA4842、稚内レディオです。どうぞ。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, to New Chitose, FL180.
ANA4842、新千歳空港までの管制承認を要求します。要求高度はFL180です。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, to New Chitose, FL180 roger. We have one arrival making ILS approach. QNH3021. Standby for clearance.
ANA4842、新千歳空港まで、要求高度FL180の旨了解しました。すでにILSにより進入中の到着機が1機います。QNHは3021です。クリアランスまでお待ちください。

クリアランス要求時にすでに到着機がアプローチをしている場合には、その旨が伝えられることがあります。
ANA4842
ANA4842

QNH3021, ANA4842.
QNH3021、ANA4842.

管制官から情報官にクリアランスの伝達後

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, clearance.
ANA4842、クリアランスです。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, go ahead.
ANA4842、どうぞ。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ATC clears ANA4842, cleared to New Chitose Airport via PANKE 2 departure URYU transition flight planned route. Maintain 6000. Expect FL180. Squawk 1113. Hold on the ground.
ANA4842、PANKE 2ディパーチャー、URYUトランジッション経由、その後はフライトプラン記載のとおりのルートで新千歳空港までの飛行を許可します。離陸後は6000ftを維持してください。予定高度はFL180です。スコークは1113です。地上で待機してください。

ANA4842
ANA4842

ATC clears ANA4842, cleared to New Chitose Airport via PANKE 2 departure URYU transition flight planned route. Maintain 6000. Expect FL180. Squawk 1113. Hold on the ground.

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, Read back is correct. Expect release after arrival over high station making ILS RWY08 approach.
ANA4842、復唱そのとおりです。出発制限の解除は、ハイステーションを通過し、ILS RWY08により進入中の到着機のあとを予定しています。

ANA4842
ANA4842

ANA4842.
ANA4842、了解しました。

すでにILSにより進入中の到着機がいたため、出発機には地上待機「Hold on the ground.」が指示されました。

この地上待機の指示は、出発制限と呼ばれるもので、「Hold on the ground.」の他に2つあります。

  1. Released at [time].
    出発制限を[時刻]に解除します。
  2. Clearance void if not off the ground by [time].
    [時刻]までに離陸しないときは、この管制承認は無効です。

2.の「Clearance void if not off the ground by [time].」は「VIFNO(ヴィフノ)」とも略され、一般的に到着機がいるけれど、特定の時刻までなら出発機を先に離陸させることができる状況で用いられます。
この時刻はUTCで指定され、この時刻までに離陸できなければ自動的に管制承認、つまりクリアランスは無効となります。IFR機が離陸し、飛行するためにはこのクリアランスが必ず必要であるため、この時刻を過ぎても離陸できなければ、クリアランスが無効になり離陸することができません。したがって、指定された時刻までに離陸できるよう、プッシュバックや地上走行を行わなければなりません。もし指定時刻を過ぎた場合には、クリアランスの再取得が必要になります。

これらの出発制限はあくまで離陸を制限するものであり、プッシュバックや地上走行など、地上での移動は制限されません
平行誘導路がある空港では、到着機がいる状況で地上走行を開始しても、到着機の着陸後の地上走行を邪魔することはありません。このような空港では、出発制限がかかった場合でも通常どおりプッシュバック等を行いましょう。逆に言うと、平行誘導路がある空港で、出発制限の解除までプッシュバック等を行わないのは、他機のさらなる遅延を招くことになります。

また、出発制限がかからなかった場合(管制官が到着機よりも出発機を優先した場合や複数の出発機がいる場合で自機がNo.1の場合など)でも、クリアランスの取得からプッシュバックなどを行うまでにあまりにも時間がかかりすぎるのは、これもまた他機のさらなる遅延を招きます。
目安として、クリアランスを取得してから5分以内には、プッシュバックなどの移動を行うようにしましょう。

5分以上出発が遅延する場合には、その旨を通報しましょう。状況によっては、クリアランスを取り消されることがあります。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, 10 minutes delay expected for making push back due to maintenance.
ANA4842、メンテナンスのためプッシュバック開始までに10分の遅延を見込んでいます。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ATC clears ANA4842, cancel clearance and keep your flight plan on file.
ANA4842、クリアランスを取り消します。フライトプランは提出されたままを保ちます。

稚内空港は平行誘導路がないため、出発機は地上移動を行わず、出発制限の解除まで待機します。

到着機が着陸しました。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, Wakkanai Radio.
ANA4842、稚内レディオです。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, go ahead.
ANA4842です。どうぞ。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ATC clears ANA4842, released for departure.
ANA4842、出発制限を解除します。

「Hold on the ground.」の出発制限は、「Released for departure.」をもって解除になります。
ANA4842
ANA4842

ATC clears ANA4842, released for departure. We will start taxi after arrival.
ANA4842、出発制限を解除。到着機の後、地上走行を開始します。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, roger.
ANA4842、了解しました。

到着機がスポットインしました。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, commence taxi RWY08.
ANA4842、RWY08へ地上走行を開始します。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, roger. Using RWY08. Wind 060 degress at 7kt. Temperature 02. QNH3021 inches. Taxi down RWY08. Report when ready.
ANA4842、使用滑走路はRWY08です。風は060度から7ノット。気温は2℃。QNHは3021インチです。RWY08へ地上走行を開始し、離陸準備が完了したら通報してください。

ANA4842
ANA4842

Taxi down RWY08, QNH3021. Report when ready, ANA4841.

プッシュバックから開始する場合の交信例は、次のようになります。(たぶん)

ANA1696
ANA1696

ANA1696, commence push back RWY01.
ANA1696、RWY01へプッシュバックを開始します。

RJSF_TWR
RJSF_TWR

ANA1696, roger. Using RWY01. Wind 020 degress at 11kt. Temperature 12. QNH2976 inches. Traffic not reported in the vicinity of this airport. Push back RWY01.
ANA1696、使用滑走路はRWY01です。風は020度から11ノット。気温は12℃。QNHは2976インチです。飛行場周辺で他の航空機がいたとの通報はありません。RWY01へプッシュバックを開始してください。

プッシュバック完了後

ANA1696
ANA1696

ANA1696, commence taxi RWY01.
ANA1696、RWY01へ地上走行を開始します。

RJSF_TWR
RJSF_TWR

ANA1696, roger. Taxi to RWY01. Report when ready.
ANA1696、RWY01へ地上走行を開始し、離陸準備が完了したら通報してください。

離陸準備が完了しました。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, ready.

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, wind 060 degrees at 7kt. RWY08, runway is clear.
ANA4842、風は060度から7ノットです。RWY08、滑走路はクリアーです。

ANA4842
ANA4842

RWY08, runway is clear, ANA4842.

「Report when ready.」の要求がない場合でも、パイロットは自主的に離陸準備完了の通報をします。

離陸後

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, airborne at 05. Contact Sapporo Control 127.5.
ANA4842、離陸時刻は05zです。札幌コントロールに周波数127.5でコンタクトしてください。

ANA4842
ANA4842

127.5, ANA4842

レディオ空港では、情報官が離陸時刻を通報する場合が多いようです。(もちろんしない場合もあります。)
また、「Contact Sapporo Control 127.5 at 6000.」のような指示を受けることもあるかもしれません。
これは、「6000ftに到達したら札幌コントロールにコンタクトしてください」という意味です。

札幌コントロールに周波数変更後

ANA4842
ANA4842

Sapporo Control, ANA4842, leaving 2100 for 6000.
札幌コントロール、ANA4842です。2100ftを通過、指定高度は6000ftです。

RJCW_TWR
RJCW_TWR

ANA4842, Sapporo Control, report reaching 6000.
ANA4842、札幌コントロールです。6000ftに到達したら通報してください。

ANA4842
ANA4842

Report 6000, ANA4842.

ノンレーダー空港では、出発直後からレーダーに映らず、捕捉することができないため、一定以上の高度に到達してからレーダー識別を行います。
実際は低高度でも意外と映るらしいですが、VATJPNでは管制官がよっぽどその空港を熟知していない限りは、MVA以上の高度でレーダー識別を取り、レーダー管制を開始する場合がほとんどです。

また、高度通報の要求には次の2種類があります。

  1. Report reaching [altitude].
    [altitude]に到達したら通報してください。
  2. Report leaving [altitude].
    [altitude]を離脱したら通報してください。

1.は通報を要求する高度と指定高度が同じ場合(今回の例のように、通報高度が6000ftで指定高度が6000ftのような場合)に用いられ、2.は通報を要求する高度と指定高度が異なる場合(通報高度が6000ftで指定高度がFL180の場合等)に用いられます。

6000ftに到達しました。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, reaching 6000.
ANA4842、6000ftに到達しました。

RJCG_CTR
RJCG_CTR

ANA4842, squawk ident.
ANA4842、アイデントボタンを押してください。

ANA4842
ANA4842

Ident, ANA4842.

RJCG_CTR
RJCG_CTR

ANA4842, radar contact. 5 miles South West of WKE. Maintain 6000. Traffic 12 o’clock 4 miles, northbound, holding over DASSY, 7000, A320.
ANA4842、レーダー上で捕捉しました。WKEの5NM南西です。6000ftを維持してください。トラフィック、12時の方向、4NM、北方向へ進行中でDASSYでホールドしています、7000ft、A320。

ANA4842
ANA4842

6000, traffic in sight, ANA4842.

今回出発時に指定高度として6,000ftを指定されましたが、これは実は別の到着機との安全間隔を確保するためでした。ANA4842の方が先だったため、到着機はDASSYでホールドして順番を待っています。この後到着機との安全な間隔が確保されると上昇の許可を貰えます。以降は通常のフライトと同じです。

レーダー識別時にVORDME、VORTAC又はTACANに基づく位置通報を行うことで、IDENTの手間を省くことができます。

ANA4842
ANA4842

ANA4842, reaching 6000. 5 miles South West of WKE.
ANA4842、6000ftに到達しました。WKEの5NM南西です。

RJCG_CTR
RJCG_CTR

ANA4842, radar contact. Maintain 6000. Traffic 12 o’clock 4 miles, northbound, holding over DASSY, 7000, A320.

リモート空港

リモート空港はレディオ空港とほとんど同じですので、ここでは運用が異なる部分だけをピックアップします。
リモート空港には情報官はいません。ですので空港の様子を直に確認して、パイロットに情報提供してくれる人はいないことになります。
離着陸時の用語が「Runway is clear.=滑走路上に障害物なし。」ではなく、「Obstruction not reported on Runway.=滑走路上に障害物があるという報告はありません。」となっているのはこの為です。
情報官からは滑走路が見えないので、障害物は報告されていないとしか言いようがないのです。
また、情報官が空港を見ていないということは、地上での航空機の動きもパイロットの報告がなければ分からないということになります。離着陸やプッシュバック、地上走行等、レディオ空港以上に情報官や他機への配慮が必要です。

用語

Obstruction not reported on runway.

滑走路上に障害物の存在が報告されていない場合に使用されます。
これも「Runway is clear.」と同様に、「Cleared for takeoff」や「Cleared to land」を意味するものではありません。離着陸に関しても、最終的な判断はパイロットに委ねられます。

Report [airborne/down] time

レディオ空港とは違い、情報官が離着陸の時刻を把握することができません。(カメラで見ることはできますけど)
そのため、航空機に離陸時刻や着陸時刻の通報を要求します。

交信例

クリアランスに関しては同じなので省略します。

クリアランス受領後

RJFE_TWR
RJFE_TWR

ORC092, read back is correct. Fukue Airport, wind 040 degress at 9kt. Report commencing taxi.
ORC092、復唱そのとおりです。福江空港、風は040度から9ノットです。地上走行を開始する際に通報してください。

ORC092
ORC092

Report commencing taxi, ORC092.

地上走行開始時

ORC092
ORC092

ORC092, commence taxi RWY03.
ORC092、RWY03へ地上走行を開始します。

RJFE_TWR
RJFE_TWR

ORC092, roger. Using RWY03. Wind 040 degrees degress at 9kt. Temperature 13. QNH2984 inches. Traffic not reported in the vicinity of Fukue Airport. Report when ready.
ORC092、使用滑走路はRWY03。風は040度から9ノット。気温は13℃。QNHは2984インチです。福江空港周辺に他の航空機がいたとの通報はありません。離陸準備が完了したら通報してください。

ORC092
ORC092

QNH2984, report when ready, ORC092.

離陸準備完了後

ORC092
ORC092

ORC092, ready.

RJFE_TWR
RJFE_TWR

ORC092, roger. Wind 040 degrees at 9kt. RWY03, Obstruction not reported on runway. Report airborne time.
ORC092、風は040度から9ノット。RWY03、滑走路上に障害物の存在は報告されていません。離陸時刻を通報してください。

ORC092
ORC092

Report airborne time, ORC092.
離陸時刻を通報します、ORC092。

「Obstruction not reported on Runway.」の復唱をしないパイロットも多いです。

離陸後

ORC092
ORC092

ORC092, airborne at 01.
ORC092、離陸時刻は01zです。

RJFE_TWR
RJFE_TWR

ORC092, airborne at 01, roger. Contact Fukuoka Control 118.9.
ORC092、離陸時刻01z了解しました。福岡コントロールに周波数118.9でコンタクトしてください。

ORC092
ORC092

118.9, ORC092.

以降は、レディオ空港の交信例と同様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました