【重要】記事の内容に関する訂正とお詫び

「リードバック」の注意点【SHORT】

Squawk.ID Short

クリアランス発出時などにおいて、習慣的に「Read back」を使っていませんか?

RJTT_DEL
RJTT_DEL

SFJ75, cleared to Kitakyushu Airport via NINOX THREE DEPARTURE flight planned route. Maintain FL200. Squawk 2224. Read back.

…実は「Read back」をつけているせいで、気づかないうちに通信量を増やしているかもしれません。


英語日本語意義
READ BACK復唱して下さい当方の通報を受信したとおり全部復唱して下さい
航空保安業務処理規定 第5管制業務処理規定 (Ⅰ)-5-12

(前略)すべての交信をリードバックすることは交信をいたずらに複雑にし、通信量を増大させるのでかえって望ましくない。管制官が重要な指示や数等の正確な受信を確認する必要がある場合は、最後に”read back”の用語を付けてパイロットに復唱を指示する。それ以外の場合には、管制機関からの応答をしないように指示された場合を除き次の内容については要点を自主的にリードバックすべきである(後略)

AIM-j 2020年前期版 277.b. 一部抜粋

管制方式基準及びAIM-jには以上のように記載されており、「Read back」と指示された場合はコールサインの位置からなにからなにまで、管制官からいわれたことを「オウム返し」する必要があります

SFJ75
SFJ75

SFJ75, cleared to Kitakyushu Airport via NINOX THREE DEPARTURE flight planned route. Maintain FL200. Squawk 2224.

SFJ75
SFJ75

Cleared to Kitakyushu, NINOX THREE DEPARTURE, FL200, squawk 2224. SFJ75.

「Read back」といわれなかった場合でもやりすぎな気がしますが…


特に一分一秒が惜しい混雑時においてはその「Read back」を言わないことで少し時間が節約できるカモしれません。

重要な指示や数等の正確な受信を確認する必要がある場合においてリードバックを指示するのは適切です。

実際のクリアランスにおいてもリードバックを指示する管制官は多くいます。
クリアランスを重要な指示もしくは正確な受信を確認する必要がある指示と考えるのであればまったく問題ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました