内容の正確性について

VATSIM解説

IFR初級編

管制官がいない場合の対応

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 ログインしている管制官が誰もいない場合 日本の空域に誰も管制官がログインしていない場合ですが、この際、フライトに関わる判断は全て自分で行うことになります。...
変態向け

特殊なフライトプラン

恐らくC1でも知ってる人は限られてくると思いますが、中にはやる人もいます。(僕はやりました)普通に飛ぶ分には絶対に使わないであろうフライトプランです。 複合飛行方式 通常IFRなら出発空港から到着空港までをすべてIFRで、VF...
その他の空港

成田国際空港【出発編】

2020年10月18日、DRZEWIECKI DESIGNより成田国際空港のシーナリーが発売されました。VATSIMでは原則最新のチャートに基づいて地上走行の指示が発出されるため、成田ベースで飛ばれる方は購入を強く推奨します。(筆者の超...
IFR中級編

速度調整(応用編)

この記事は「Reverse Green」で公開されていた記事を元に作成しています。 おそらくVATSIMでは滅多に使われることはないでしょうが(パイロットが対応できるか分からないため)、一応こんな指示もあるというご紹介です。...
Student3

フィックスへの直行とMVA

この記事には一部筆者の独自研究及び推測が含まれます。 レーダーベクターを行っている時の高度指示はMVAに従うというのはS3の皆さんはもちろんご存知だと思います。また、STARに従っているときは高度制限を基準に降下させるという...
For Controllers

VATSIM管制官に捧げるAliasのすゝめ

むむっ、コールサインの後ろに/tが!テキスト機の襲来です。 音声交信と違って指示をタイピングして送信するのはとても時間がかかります。打ち間違えたり、あれ、この単語の綴りこれで合ってたっけ・・・?なんてこともしょっちゅう。管制官からす...
Student3

14,000?FL140?

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 さてどっちが正しいのでしょう。(もっとも実務上はFL140を使わなければ良いだけなのですが・・・。) 転移高度 転移高度が14,000ftなのは知...
IFR初級編

基本的な速度調整

この記事は「Reverse Green」で公開されていた記事を元に作成しています。 VATSIMでも他機と接近する場合は、管制官から速度の指示を受けることがあります。 たかが速度指示と侮るなかれ、「なんだか知識があやふやそう...
For All members

VATSIMにおける管制処理容量

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 管制処理容量とは、「管制機関が管制業務を提供することのできる能力又はこれに相当する航空交通量」(航空保安業務処理規定より引用)を言います。簡単に言えば、管制官...
For All members

VATSIMでのマナー

この記事は「Reverse Green」で公開されていたものです。 他のメンバーへの配慮を忘れずに VATSIM内を飛行するトラフィック及び管制官は、当然ですが全員生身の人間です。ですから、AIを相手にするような対応...
タイトルとURLをコピーしました